酵素が一番多いのは野草でもなく、野菜でもない。穀物だ!

麹菌の酵素量はハンパない

そもそも酵素が一番多いのは野菜ではないし、野草でもない。果物でもない。

 

 

一番多いのは穀物なのだ。

 

 

酵素が多い食品の代表としては、大豆加工食品だ。

 

 

しかも「麹」を入れて発酵させたものである。

 

 

味噌。醤油だ。

 

 

味噌、醤油は大量に食べるものではないから、身体にはこれらの食材から酵素はさほど摂れないのだが、量当たりの酵素が多いのは間違いない。

 

 

麹、糀(こうじ)とは?その驚くべき性質とは?

 

そこで麹とは何ぞやと調べてみると

 

 

「麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。」

 

 

とある。コウジカビというカビを穀物に混ぜ込むと、微生物が繁殖する。

 

 

コウジカビを含むその微生物が麹菌というのだ。

 

 

さらにコウジカビの性質はこう記されている。

 

 

「コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。」

 

 

なんと、コウジカビは分解酵素を放出しながら、デンプンとたんぱく質を分解しまくり、さらにそこから作りだした栄養素を吸収しながらどんどん増えるわけである。

 

 

ちょっと難しい話になってしまったが、コウジカビというのはとても強力で、コウジカビも含む麹菌というのは、ガンガンに酵素を発生させて、食品を分解しまくるのである。(消化酵素を5種類も備えているという)

 

 

>どんどん炭水化物を分解する新谷酵素エンザイム実験映像はこちらのページへ

 

 

麹菌をメイン搭載した「新谷酵素エンザイム」のポテンシャル

 

もちろん、野草や野菜から発生させた酵素も食材を分解するのだが、上にも書いたように、麹菌ほどの力はない。

 

 

麹菌をメインに搭載した「新谷酵素エンザイム」は、確実に食材を分解するポテンシャルを備えているのである。

 

 

なんと、その力は、1回分で、ごはんなら茶碗10杯分だぜ?

 

 

ありえんでしょ。10杯って…

 

 

どうです?試したくなったでしょ?300円で。(期間限定なので500円になってるかもしれませんがね)

 

 

 

新谷酵素エンザイムの主成分、麹菌は酵素の塊関連ページ

パパイヤ酵素は脂肪たんぱく質を溶かす
「新谷酵素エンザイム」に含まれる強力な酵素にはパパイン酵素がある。 熟したパパイヤの6倍の酵素量を持つ青パパイヤの酵素である。 青パパイヤの酵素は脂肪とたんぱく質を溶かす強力な酵素で知られている。