酵素サプリは売れ筋商品なのでお試しはほとんどない

酵素サプリメントはソフトカプセル型の生酵素が人気だが…

野草、野菜系の酵素にかかわらず、サプリメント型ならば、酵素が生きていると知った俺は、お手頃で俺のたるんだ体に鞭打ってくれそうな酵素サプリを探していたんだ。

 

 

野草、野菜、果物を使った酵素サプリは最近多くて、安いものも意外と出ている。

 

 

ただ、お試しというのはあまりない。

 

 

もちろん、返金保証なんてのもほとんどないね。

 

 

酵素はお試しとかわざわざしなくても、いいものだったら、売れるという自信があるのだろうね。

 

 

酵素は身体に良いものだというイメージは定着しているから。

 

 

だからこそ商品の種類も多いのだが。

 

 

野草、野菜酵素系のサプリメントなら生酵素がいいだろうけど…高いな!

 

野草、野菜酵素系のサプリメントはやっぱり生酵素系がいいのかなと思っている。

 

 

ソフトカプセルで、ペースト状の液体を閉じ込めたものだ。

 

 

そんなかでも、「OM-X」なんてのは、夏はクール便で来るほど温度管理が徹底してるってことで、いいのかな?

 

 

と思った。

 

 

お試しも最近始まっているみたい。

 

 

でも、お試しもあんま安くない。

 

 

というか、酵素サプリメントは酵素液より安いというイメージがあったのだが、「OM-X」は酵素液と同等の価格設定だ。

 

 

たとえ身体に良くても、俺にはとても続けられる価格帯ではないので、お試しは断念した。

 

 

お試しじゃなくても、月3000円程度の、安価な野草系生酵素サプリも発見した。

 

 

なかなかよさそうだ。

 

 

けど、新谷酵素はなんといっても、俺の時は300円でお試しできた。

 

 

新谷酵素はネーミングからして、権威が高そうで、気になっていたのだ。

 

 

300円で試せるなら試そうと思った。

 

 

麹菌サプリメントだしね。

 

 

「麹菌」を使ったサプリメントというのも気になった。

 

 

なぜ麹菌なら気になるのかは次ページ「新谷酵素エンザイムの主成分、麹菌は酵素の塊」で!

 

 

 

野草・野菜酵素のサプリメントは良いけども…お試しを探しだせなかった。関連ページ

酵素製品は色々あるけども…お試しがあったから汗
俺がなぜ数ある酵素液の中でも新谷酵素にしたかといえば、たまたま「お試し」があったから。 しかも俺が買った時は7日分が300円と格安だった。なんと送料込みって!?はっきり言ってタダ同然じゃ!
酵素液のなかの酵素はすでに死んでいるらしい
酵素飲料の場合、そもそもが清涼飲料水で、加熱出荷の義務があるので、酵素が壊れがちなのだという。 清涼飲料水の過熱は60度以上で行われるが、酵素が生きられる限界の温度が48度らしい。 全部とは言わないけども、まあ、大半の酵素が壊れているのは本当だ。