乳酸菌の入ったサプリでダメなら、整腸剤をやってみたらどうだろう。

どうもこんにちは、K造です。

 

 

「新谷酵素を飲んでも便秘が続くんだけど、どうしたらいいのか?」とメールで質問された。

 

 

そいつは困ったもんだ。

 

 

ちょっとそれについてなぜかということと、どうしたらよいのかを考えていきたい。

 

 

新谷酵素に関わらず、酵素サプリには、便秘になる対策として「乳酸菌」や「麹菌」が入っている。

 

 

また、酵素サプリに関わらず、便秘対策のサプリというのは乳酸菌や発酵菌などで、腸内環境を整えようというコンセプトのものが多いのである。

 

 

これはいいだろうか?

 

 

医薬品にしてもだ、整腸剤は基本、乳酸菌だ。

 

 

乳酸菌は非常に種類が多い。整腸剤には腸で生きて働く乳酸菌が仮死状態で入っている。

 

 

腸で生きて働くということが厚生労働省に認められているから医薬品なのだが、その実は乳酸菌サプリとあまり変わらないといってよいだろう。

 

 

乳酸菌サプリは、お上に通していないというだけで、意外と整腸剤並みの力があるものがあるかもしれない。

 

 

まあ、ただ強力な作用を求める人は、サプリをするよりは整腸剤をしたほうが良いように思う。

 

 

整腸剤は癖にならないし、副作用も基本的にはない。ただ効かない人もいる。

 

ただ、癖になると困る、ということがあるよね。

 

 

便秘は癖というか、体質なので、薬でなんとかしたものは、ずっと続けなければ元に戻ってしまうのは仕方ない。

 

 

「常用性がない」とされるサプリなどは多いというか殆どなのだが、結局、使わなければなかなかでないので、サプリ自体に常用性がなくても使わざる得なくなる。

 

 

それは常用性となんら変わらない。

 

 

常用性になると困るというのは、腸が荒れるとか、傷つくとか、免疫力が落ちるとか、副作用的な問題がついてくることがあるかもしれないということだと思う。

 

 

でも乳酸菌の場合は、整腸剤の場合でも、腸にない生きた乳酸菌・ビフィズス菌が問題になることは考えづらい。

 

 

腸は元気になり、免疫力はアップすることしか考えられない。

 

 

問題になるなら、1か月とか続けても全く便秘が治らない場合には別の方法を取ったほうがいいんじゃない?くらいだろう。

 

 

実際にどの製薬会社のビフィズス菌整腸剤の説明書を読んでも、副作用的な問題を指摘しているものはない。

 

 

効かないと感じた場合はストップしろ、くらいだ。

 

 

新谷酵素を考えてみよう。

 

 

新谷酵素には「有胞子性乳酸菌」や善玉菌のえさになる「イソマルトオリゴ糖」などが入っている。

 

 

麹菌酵素サプリの乳酸菌は、大体、乳酸菌サプリと呼ばれるものに全く引けを取らない量が入っている場合が多い。

 

 

たとえば、「スルスルこうそ」などはサプリ1粒に500億個の乳酸菌が入る。

 

 


 

 

これは実際には乳酸菌サプリを上回る乳酸菌量だ。

 

 

乳酸菌を摂るために乳酸菌サプリを摂るなら、別に酵素サプリでもよいくらいなのである。

 

 

だが、「新谷酵素を飲んでも便秘が続く」んだよね?

 

 

まあ、そりゃ続く人はいるだろうね。

 

 

整腸剤を飲んでもね、便秘が続く人がいるんだよね。

 

 

だから

 

 

「しばらく飲んでも症状が回復しない場合は使用を中止して医師の診断を受けてください」

 

 

と書いてあるんだよな。取り扱い説明書に。大抵は。

 

 

それは乳酸菌の問題じゃないんだよな。

 

 

人により便秘の原因は腸内環境の問題ではないという人がいる。

 

乳酸菌サプリや整腸剤までもが効かないという人はいる。

 

 

腸内環境の問題ではない。

 

 

便の固さや、腹筋が足りないことや、妊娠中で腸が圧迫を受けているなど、複合的な要因が考えられる。

 

 

特にこの場合は、便の固さが問題になる、いや、便を柔らかくするしか、便を出す方法はないと思う。

 

 

腸が元気になりすぎてしまうと腸が水分を便から取ろうとするため、水分を奪われた便が固く、小さくなるうえ、表面のぬめりもなくなってきて排出されにくくなる。

 

 

そうすると、便が残り、今度は腐って悪玉の大腸菌が繁殖してしまう。

 

 

しかし、その大腸菌も新しく入ってきた整腸剤やサプリによる乳酸菌が倒してしまえば、また腸が元気になる…結局堂々巡りになって、便は残る。

 

 

便がなかなか出ない人は、腸に水分が足りなくて、便が固くて出にくい人が多かったりする。

 

 

また上にも書いたように腹筋が少なすぎたり、妊娠により大きくなった子宮に圧迫されたりすればなかなか出ないよね。

 

 

そういう場合は乳酸菌サプリや酵素サプリや、整腸剤だけだと、実は全然効いてないということはないんだけども、体質的にそこが問題じゃなかったりするので便秘が良くはならない。

 

 

便を柔らかくする成分を摂るしかない。定期的に使うことになるのは仕方ないこと。

 

その場合は、もう便自体を柔らかくするようなサプリなり、便秘薬を飲むしかない。

 

 

便自体を柔らかくするサプリはどんなものかといえば、キャンドルブッシュやどくだみなど、便を柔らかくする作用があるという薬草、またコレウスフォルスコリ(フォースコリー)サプリやキトサンサプリなども油を巻き込んで便を柔らかくし、排出する性質がある。

 

 

これらのお茶やサプリを飲めば、乳酸菌サプリを飲むよりも便が出やすくなるという人は多いはずだ

 

 

。まあ、飲みすぎると今度は頻繁にトイレに入らなければならないが‥

 

 

医薬品では「コーラック」で有名な便秘薬がある。

 

 

これも便を柔らかくして排出するというものだが、便が柔らかくなりすぎて下痢になる恐れもある。

 

 

これらは使えば使うほど癖になると思われているかもしれないが、癖にはならない。

 

 

もともとが便が固い傾向があるのが問題で、使わなければもとに戻るだけである。

 

 

正直な話、便秘が苦しければこれらを使うしかないのである。

 

 

定期的に使うことになるかもしれないが、致し方ないのである。

 

 

癖になっているわけではないのだから。

 

 

あとは腹筋をつけるとか、食生活には気を付けたいよね。便秘になりやすい肉を食べ過ぎないとか。

 

 

まあ、そのような便を柔らかくしようというサプリなり、便秘薬なりも、最初はできるだけ緩くて、腸に負担がかからないものをと考えるはずだ。

 

 

まあ、サプリから始めればよいのだが、俺のお勧めはキトサン、キダチアロエ、オオバコ、難消化性デキストリンなど、便を柔らかくして排出すると言われる成分が少しずつ入っていて、なお麹菌酵素が入った酵素サプリ「快朝酵素」だ。

 

 

単に「出す」ことが目的ではなくて、整腸から体調、美容全般に気をかけてくれる、比較的緩やかなサプリである。

 

 

酵素サプリだけではだめだったという方はちょっとここにステップアップしてもらいたい。

 

 

快朝酵素

比較的強力なお通じ対応酵素サプリ。便秘になりやすい人におススメ。ダイエット力もある。


★便秘解消のための成分がこれでもかと入って、結果としてダイエット力が強くなってる。便秘じゃない人は、飲用注意で。


7種類の多穀で培養した麹菌酵素を配合。酵素サプリとしても高品質。


カルニチン、ギムネマ、サラシア、キトサンなど、ダイエットサプリのメラメラ成分や食物繊維など配合。便を柔らかくする成分をまとめて摂れる。


有胞子乳酸菌で、腸内環境を改善。


オオバコ、キダチアロエ(センナ)エキス末などの、便通を促すハーブ成分も豊富に入ります。頑固な便秘にも対応。


★ビタミンB、Cをはじめとした美容成分も豊富。ここまで充実していると隙がない。


380円税込、送料無料の格安でお試しキャンペーン中だ。


「快朝酵素」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

 

新谷酵素を飲んでも便秘が続くんだけど、どうしたらいいの?関連ページ

乳酸菌サプリはたっぷりの水で飲まないとダメなの?
俺の運営するこのホームページに「乳酸菌サプリはたっぷりの水で飲まないとダメなの?」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。このページではそれについて書いていこうかと思います。
アルコール消化をスムーズにするサプリメントは?
俺の運営するホームページに「アルコール消化をスムーズにするサプリメント」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。そんなんあるんすかね?
新谷酵素は胃腸によいのか?根拠は?
俺の運営するホームページに「胃腸によい 新谷酵素」という検索フレーズで来られたかたがいらっしゃいます。このページではそれについて書いていきます。