酵素製品に大体入っている「乳酸菌」の性質とは?

乳酸菌は麹菌の働きを活性化

「新谷酵素エンザイム」には「乳酸菌」も入っている。

 

 

もとい、酵素製品だったら、大体は乳酸菌は入っている。

 

 

乳酸菌は酵素を培養する重要な発酵培養菌なので。

 

 

乳酸菌は代謝により乳酸を生成する細菌類で、種類がいっぱいある。

 

 

乳酸菌と言えば、ヨーグルトばっかりを思い浮かべるのだが、なにも牛乳からできた製品ばっかりにあるわけじゃない。

 

 

乳酸菌とは炭水化物を栄養素として「乳酸」というものをつくりだす菌の総称なのだ。

 

 

つまり、やっぱり炭水化物を「分解」するわけである。

 

 

この乳酸菌というのは、腸の常駐菌である。

 

 

まるで自宅警備員(笑)のように腸内を張っているわけだ。

 

 

腸まで生きて到達しない乳酸菌

 

しかし、乳酸菌は自宅警備員だが、食料に飢えている傾向があるという情報がある。

 

 

俺もせっかくだから調べたのだが、乳酸菌をたっぷり含む。

 

 

ヨーグルトや、ヤクルトを飲んだところで、外部から摂った乳酸菌が腸の自宅警備員となることはないらしい。

 

 

かれらが持つ酵素を消化に生かすか、大半は死滅して死骸が腸まで達するらしい。

 

 

しかし、その死骸は、腸に常駐する乳酸菌の格好のえさになるらしいのだ(死菌体)。

 

 

しかも、このえさを得たほうが、腸内の善玉菌は元気でドンドン増殖するらしい。

 

 

力を得た乳酸菌は、ガンバって炭水化物を分解し、腸内の環境を整えてくれるのである。

 

 

乳酸菌と麹菌とのカップリングで炭水化物分解作用が強まる

 

新谷酵素の他にもちょっとお高い麹菌サプリメントがあって、そちらの製品も、麹菌の他に乳酸菌を入れている。

 

 

麹菌だけではなく、乳酸菌を入れることでより麹菌の繁殖力が強くなり、分解力も強まるらしいのである。

 

 

これに関してなぜそうなるのかの説明はなかったが。

 

 

これまでの経緯を見るに、俺が勝手に想像した限りでは、麹菌は腸の常駐組の乳酸菌と同じように乳酸菌の死骸をえさにするのではないかと思った。

 

 

麹菌は腸の常駐組の乳酸菌と同じように、強力にデンプンを分解し、それをも超えてたんぱく質も分解してしまうわけだが、乳酸菌を混ぜ込むことで、麹菌の腸でのはたらきは一層激しいものになるのだと思う。

 

 

腸まで到達したら、ガンガン分解酵素をふりまくというわけだ。

 

 

 

新谷酵素エンザイムは麹菌と乳酸菌の相乗効果で強力作用関連ページ

麹菌は炭水化物を摂り込み分解増殖
俺たち人間はデンプンばっかり摂っていたら、太って、動けなくなったり、血行が悪くなったり、成人病のもととなったりといいことはない。 だが麹菌君は喜んで炭水化物をガンガン取り込み分解、増殖していくのだ。
ソフトカプセルでなくコーティング錠
「新谷酵素エンザイム」は酵素サプリメントだが、コーティング錠。 酵素サプリメントって発酵食品だから臭いがあるってきいていたんだが…ハードコーティングが 効いているのか全く臭いや味を感じず、随分飲みやすい。